過払い金や債務整理の相談は司法書士に|ホッホッ法~律事務所

女性

登記手続きの種類

男性

所有している土地や建物の権利関係や管理状況などに変化が起きた際は、「不動産登記」手続きをする必要があります。建物を新たに建てた際や、新築のマンションなどを購入した場合は「所有権保存登記」を申請します。また、不動産を売買したり、贈与したりした場合は「所有権移転登記」が必要にあります。不動産を相続した場合も所有権移転登記になります。その他にも、住宅ローンを完済した場合は「抵当権抹消登記」を申請しましょう。このように、不動産に関する登記にはさまざまな種類があります。登記はしっかりと手続きを行なう必要がありますが、素人にはわからない専門的な言葉や知識が多用されているため登記で苦労する人は多くいます。そのような場合は東京にある司法書士事務所で相談すると適切です。東京の司法書士は、登記手続きを代理で行なってくれるため、だれでもスムーズに登記手続きをすることができます。面倒な手続きや困った場合は東京に司法書士に相談しましょう。

登記手続きは、土地や住宅などといった不動産に関すること以外にも、会社に関することでも必要とされています。新たに会社を作りたい、自分の会社を持ちたいと考えている場合、「会社設立登記」を申請する必要があります。また、代表戸締役や監査役など、会社で役員移動があった場合にも「役員変更登記」が義務付けられています。さらに、会社の名前を変更したい場合や、事業内容を変更したい場合は「商号変更・目的変更登記」を行なう必要があります。親から会社を受け継ぐ際や、経営方針を変える際にも登記手続きを行なうことが大切なので、会社を設立したい人や既に会社を持っている人は登記手続きについて把握しておきましょう。これらの登記手続きも、東京の司法書士ならスムーズに手続きを代行してくれます。